So-net無料ブログ作成

女性が男性社会で働くことについて [My Job]

・・・・今回の出張で、仕事のこと、現地の社長さんと色々と話が出来ました。

たくさん、たくさん、助言をもらいました。

どこまでできるかわかりませんが、がんばろうと思います・・・

 

 

あーちゃさんはね。今、変わらなければならないときなんだよ。

今までは、それでよかった。もう、副参事になった。年をとっちゃったんだよ。

自分のことをわかってもらいたいというのは、つまり、私が、私がの気持ちなんだよ。

若い時みたいに、私が、私が、、だと、もう、だめだよ。人には、見えるからね。

この人は、自分のために仕事をしているってね。

君の上司も君と本当にそっくりだよ。

あいつもえらくならないな。この辺でおわりだろ。きっと。

あいつも、俺が、俺がなんだよな。

だから、あいつの後輩だったAは、もう、かなりえらくなっただろ?

ただ、あいつは、Aのこと何にも言わないだろ?

昔、Aは、優秀だっていっていたんだぞ。だけど、自分よりもえらくなったら、一言もいわなくなったんだ。

そういうやつなんだよ。

 

いいかい。男女平等というけれど、まだまだ、この世界は、男の世界。それも海外なんて、

もっとそうなんだよ。人種の偏見、性別の偏見。

そんなのがあって当たり前。

女性は、男性の3倍がんばって当たり前。やっとそこで、同等となる。

女性が上に行くには、包容力が必要。

(私、全然、ないです・・・)

そうだよね。ないよね。男性が女性に求めるのは、凛とした美しさ。背筋がぴーんと伸びた感じだね。

何をしても、ここに来れば、あったかく、してもらえる。

なんだかんだいっても、受け止める。

そんなものが必要だよ。

君には、技術力がある。たくさんいいものをもっている

けど、それを今は、槍にしか使ってないだろ?

今、きみが、戦っている人たちは、君が求めている能力なんてない人たちなんだよ。

君は、民需に向いていると思う。しかし、営業さんたちは、違うよね。自分たちで仕事を作れないんだよ。それを君は、君の持っている鋭い槍で刺しているだろ?

能力のない人に、槍で刺したって、無駄だろ?

あの営業の部署で、一人だけいるよな。ちょっとましなやつが。あいつだってスリランカしかみえていない。それに上司の顔色みて仕事している。

だから、きみがやりたいことは、できないんだよ。

今の君を見ていると、悪者になって、最後の砦にも成ろうとしている

それでは、うまくいかないよ。

仕事をするときには、うまいデモンストレーションが必要なんだ。ポイントで

これだけできるっていうことをやらないとスーパーバイザーなんてつとまらない。

君がやるというのなら、やりなさい。

けど、僕は、サポートしないからね。

 

防御するための盾に使うことも必要だよ。槍と盾が有れば、もっと戦いに勝つことができる。

君は、お客さんとは、今までうまくできたのかも知れない。

けど、社内はどうだい?敵だらけじゃないかい?

味方を作りなさい。仕事は、一人でする物ではないんだから。

確かに、君は女性だよ。手をあげて、私にやらせてくださいといわなければ、現場にでることも

できなかったんだろう。それは、そうだと思う。

若いスポーツマンの新人と女の子がいたら、上司だったら、若いスポーツマンの男性を現場に連れて行こうと思うのは、当たり前だからね。

自分のいた部署のみんなは、きみのことをわかってくれた。

けど、それから、脱皮しなければいけないんだよ。

きみの今いる環境は、確かにひどい。

一番うえのOさんは、右を向けといわれれば右を向き、左を向けといわれれば左を向く。信念なんて

ない人だし、その下の部長は、海外の仕事なんてできもしない。それで、自分の趣味のことを一生懸命やっている。その下が、君の上司。えらくなりたいだけ。Hさんは、問題外だしな。

どこにいっても、女性で、こういった仕事をしている人は、目立つ。君が何もしなくても目立ってしまうんだよ。

そこで、キンキンと文句を言っていたって、当たり前のことをいったって、何も変わらないよ。

まず

はい。わかりました。でも・・・

からはじめなさい。

君の考えることをまげろと俺は言っているわけじゃない。

ストレートに返すだけではなくて、一度、消化してから、言葉にしてごらん。

それだけでもかわるから。

一端、他人の言葉を受け止めるんだよ。

そして、決して、怒っちゃいけない。

男性は、夜、飲みながら、仕事の愚痴をいって、くだをまいてうさをはらすけど、

君はそんなことをしちゃだめだよ。

いいかい。女性がこの世界で、生き残るのは、本当に大変なんだよ。

これが、できれば、君は、変わる。

君を見る人の目が変わるよ。

がんばんなさい。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この話をきいた翌日

M社長は、「海外は、AOAの精神だ!」というと他の人がいっていました。

それって何?ってきいたら

A・・・あせらない

O・・・おこらない

A・・・あきらめない

この3つだと。

確かにこの日も頼んだ飲み物が、忘れられ、何度言ってもでてこないで、やっとでてきたら違う物

もう一度いって、やっと、頼みたかった物がでてきました。

そのとき、この方は、決して、焦ることもなく、怒ることもなく、自分の注文した物をかえるようなこともなく

あきらめませんでした。

なるほどなあと・・・

さて、自分がなんで余裕がないんだろうか?

例えば、「おれさー、日曜日も休んでなくてサー、仕事だったんだよ」

といわれても、

(私も働いていたし、ここんとこ、休んでないんだよね)という気持ちがでてしまいます。

そうじゃないんですよね。そういわれたら、

「へー、お疲れさまです。大変だったんですね。実は、私も日曜日も仕事だったんですよ。

疲れますよねー」

ぐらいの返答ができれば、相手の気持ちをうけとめて、自分のこともいえるのではないだろうか?

ここで、一端認めないで、

「私も仕事でした。大変だったんですよ」

なんていったら、おいおいなんだよ?大変自慢か?ということになりますよね。

どうして、こういう親切な気持ちがでてこないのか?

やっぱり、自分に余裕が無くて、脇道をみれないんですよね。

自分のことで精一杯で。

そうなったときが、一番、人とけんかしやすいときです。

男性のように、わかってもらうことなんて、できないんですから。

女性は、3倍働いて、ふつう。しかし、同じように怒ったら、男性の倍以上だめにみられる。

変なんですが、仕方がない。そういう社会なんですから。

時代は、変わってます。けど、昔の人が急に変わるわけではない。無理なんです。

それだったら、うまくその人たちが受け入れられるようになりましょう。

そうすることで、自分のやりたいことが出来るんですから。

もう少し、余裕が持てるように、調整必要です。

あーちゃ、がんばりましょ。

自分の性別だけはかえられない。やっかまれてもきにしちゃいけない。

仕事ができたらできただけ、色んな事を言われる。

けど、そんなの気にするな。

気にしないために、毎日、よく寝て、よく食べることですね。

結構、茨の道だけど、進んでいこうじゃない?あーちゃ(^^)

うん。やってやるぞー

 

 


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 5

コメント 4

春分

いい話ですね。ひとつひとつ納得です。
人と出会って話すのは、何よりの勉強ですね。
でも、そこで何かを学べたのだから、きっとそれまで考え続けたのが生きたということでしょうね。
by 春分 (2007-09-01 16:42) 

Baldhead1010

上に立つと言うことは大変なことだ・・・。
by Baldhead1010 (2007-09-02 11:01) 

あーちゃ

>春分さん
ほんとですね。人と出会うこと。話すこと。実はとっても奥深いんですよね。。

>Baldhead1010さん
そう思います。。
by あーちゃ (2007-09-11 23:30) 

QINGGONGBIAO

人と出会うこと。話すこと。実はとっても奥深いんですよね。
by QINGGONGBIAO (2019-09-20 01:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0