SSブログ

モロッコ旅行1999年4月24日~5月3日 その6  メクネスへ [ーMorocco]

さあ、昔に戻ってみよう―


1999年4月30日



なんとか、昨日のうちにメクネスに到着。そろそろ旅も後半で、ビックイベントも終了


キャプチャ.PNG


お腹は壊すし、、もう何を食べても受け付けなくなっていた私。ほんと、、水があわなかったっぽい。


この旅行以降は、お腹の調子が悪くなるようになってしまったのでした。


まあ、そんな中でも


1999-04-30 001 (1)0000.JPG


みんなで鉄道の駅にいってみたりして


1999-04-30 002 (1)0001.JPG


なんか、てっちゃん?でも、電車の写真がないのだけど、


1999-04-30 005 (1)0000.JPG


ホームのみ満喫


1999-04-30 004 (1)0000.JPG


いつもパンを焼いてくれるお兄さん。


このハグをしたくてもしない!これぞ、観光客すれしていない証拠。正しいのです。そうそう、普通にべたべた


触ってこないのはありがたい。


1999-04-30 007 (1)0001.JPG


いつも仲良くしてもらっているという人の家で、お食事。ここでもタジンを使って煮込んだ料理をご飯にかけて、


みんなで食べる方式。作ってくれた女性陣とは、一切顔を合わせることなく、終了でした。


でもおいしかったー。


お腹を壊していてもおいしい物はおいしいのです。


そして、お風呂!シャワーばかりだったので、「ハンナム」(ハマム)といわれる公衆浴場へ。


いまいち勝手がわからない私たちでしたが、持ち物は、

・ビーチサンダル(床も熱い)

・下にしくミニサイズのすのこか、マット(これがなかったのがつらかった)

・小さめの洗面器

・タオル

など


で、それらをもって、お金を払い、まずは洋服を脱ぎ、(どこまでぬいでいい物かよくわからず)


を手取り足取り教えてもらい、中に入る。(どこにでも優しいおばちゃんたちはいるものです)


2021-05-10 002.JPG


ちょっと画像を借りてきました。中はこんな感じです。全部大理石?かな。なので、素足で歩くと熱いのだ。


石の中にある感じで、みなさんここでも

裸にはならないの!!!ゆるゆるな下着をつけたまま、それをよけつつ洗いました。


スチームで蒸されていて、温度調整は部屋の奥の方が熱いので、自分好みの温度の部屋にとどまるって感じかな。


東洋人なんて、珍しいので、話しかけられたけど、フランス語わからないし、、、どこからきたの?


っていうのには、ジャポン、ジャポンと答え、家は?メゾン?


まあ、旅行者だとわかってもらえたかな。でも髪の毛とか洗っている最中でもお構いなく話しかけてくるので、


困ったものだと思ったりしつつ。。楽しくお風呂に入ってこれました。やっぱりいいねー。


体調が悪かった(お腹を壊していた←何度も言うな)ので、写真がほとんどないのですが、次の日も移動するので


今日はこんなところで終了です。


モロッコ旅行記意外と早く終わるかも?

シリーズはこちらから


nice!(23)  コメント(5) 
共通テーマ:ペット