So-net無料ブログ作成

福島のために・・・ [ -茶々もか(2年目)2013]

私のお世話になっている方が、昨年定年退職し、今は、委託社員として働いています。

だけど、今、下記理由から、会社を辞めて、故郷福島に戻るとのことをつづったお話です。

たんたんとだけど、非常にあったかい気持ちになったので、本日のブログに掲載させていただきます。

なお、悲しいことに、除染作業が、なかなか進まない原因として、保障問題(金額)があり、地元住民と

折り合いがつかないことが多々あるそうです。

 現実を考えると、何とも言えない思いですが、この恩師の決意には、胸をうたれました。。。 

 

==========================

各位

突然(唐突)の事及びメールにての報告お詫び申し上げます。

退社の報告(経緯、新勤務先、新仕事内容)をさせて頂きます。

経緯)以前(半年前)から大恩ある先輩から、

   K県に本社のあるA社が

   震災復興事業(除染等)の為に福島に拠点を作りたい、

   その先駆けになる人材を探せと厳命されていました。

   被災地(福島県浜通り)を中心に

   同級生、先輩、後輩の何人かを説得に当たりましたが

   諸般の事情から、断られていました。

   新聞・TVで承知かと思いますが、

   この2月から本格的に環境省発注除染工事が始まります。

   ここに来て、時間が無いことで、私本人が、

   その責務を行う事=1月末で

   退社する事と決断しました。

   私の本音=福島に何れ帰る気持ちはある、

   だが時期早々、まだ今の職場で皆様に助勢したい等でした。

   先輩の泣きながらの説得及び叱責

    (おまえは福島の復興を何と考えているのだ!)

   ”火中の栗を拾いに”に応じた次第です。

新勤務先)XXXX 福島支店 福島県南相馬市

     要は多数の重機・資材・作業員を保有してゼネコンから

    1次又は2次下請けとして直接に建設を行う会社です。

    福島支店といっても事務所を開設したばかりで、

    1名いるだけで1月からは女性2人を加え

    2月から50人以上の体制で業務開始予定です。

新仕事内容)環境省発注除染工事南相馬市除染等工事

    XXXXXXXX社からの1次下請け工事

    A社は1班10人(職長、重機オペ、作業員)を

    2月からは5班50人体制

    4月からは200人

    最大で500人を予定して、その作業に当たります。

    私はその管理者(JV対応、労務管理等)としての

    業務を行う予定です。

    除染作業自体は非常に単純ですが、遠大で気が遠くなる

    仕事です。

   

余談)○勤務地の南相馬市は当社のIさんの実家です

    更に、D室に12月からの勤務のMさんの実家であもります

   ○現地のXX所長のIさんは当社のEさん

   の従姉妹の旦那様である事

   ○XXJVの別工区除染(XX地区)のJV所長

    は私の同級生である事

 

  7日(土)に南相馬市に出かける目的には、南相馬市の友人

  (元南相馬市職員)

  津波で奥様、御母様、息子様を亡くされた慰霊碑を訪ねる目的も

  ありました。

  朝の全国ニュースで南相馬市の「奇跡の一本松」が報道されました。

  南相馬市の一本松=新聞記事から

    一本松と同様に震災の津波の直撃に耐えて生き残った松の木が

    福島県 南相馬市鹿島区にもあり、同じく

   「奇跡の一本松」と称されている 

    南相馬市北部の南右田地区には数万本の松の木による

   保安林 があったが、津波によってそのほとんどが倒壊した。

   十数本ほどが生き残ったものの、その後ほとんどが樹木医により

   枯死と診断され、高さ約25メートル・根回り約2メートルの

   1本だけが生き残った。この木を地域の希望の象徴として残すため、

   地域住民の有志が主体となって「一本松を守る会」が結成され、

   木の周囲を整備したうえで看板を設置し、保存活動を続けている 。

  30年ぶりに同級生と再会し一緒に行った同級生

  (原町2中出、元福島県職員)は

  泣き崩れて大変でした。夜は松川浦の亀屋旅館で二人で、

  45年分の話を、特に震災後の苦労(新潟県村上市に約1年避難等)

  殆ど泣きながらの話を夜通ししました。

以上が退社の経緯、新勤務先、新仕事内容ですが

1月末までの実質約1ヶ月は当社の皆様の業務を支援(助勢)

に全力を尽くす所存ですので、宜しく御願いします。