So-net無料ブログ作成

マラリア闘病記その4 [マラリア闘病記]

 マラリアは、潜伏期間が、1週間~10日。

 ちょうど、帰国してから発病したので、マラリアを媒介する蚊に刺されたのを推測すると、

 水も電気もない村にいって、泊まった時がそうだったのかもしれない。ダニがたくさんいて、刺されてかゆくて、1泊で帰ってきてしまった。

 水も素掘りの井戸からくんでくるもので、白濁しており、飲みたいとは思えない。

 申し訳なかったが、その水だけは断った。あとは、ハエがたかっていようが料理は全部食べたが、お腹はこわさなかった。

 ただ、うんちが、茶色から、色がなくなったのにはびっくりした。

 動物性たんぱく質をほとんどとらなかったからなのか?

 いや、私が行った日には、鳥をさばいてくれて、夜中も踊ってくれて、歓迎してくれたのだが・・・

 まあ、そんなとこよく行くなあという感じだが、私なりに楽しい旅だったなあ。機会があれば、その旅行記もおいおいアップしようと思う。

 さて、入院して、黄疸もでて、脳障害まで出て、ここまで行った段階の人が普通の生活を送れるようになった例は、

私が初だそうだ。当時の読売新聞にも大きくでた。

他の大学の先生などが珍しそうに見学にもきたし、担当医も論文にもかいたそうだ。

 ある薬がよかったらしく、先生は、それをうれしそうに「これがきいたんですよ^^」といっていたなあ。

 それでも、病人の生活は結構忙しい。

 朝、採血。手から、7本ぐらいとる。

 点滴もする。水分もとってはだめだったので、点滴が頼り。

 そして、変な吊り籠みたいのに乗せられて、体重を測る。

 ストレッチャーに乗せられて、透析室へ移動。

 くるくると回る赤いチューブをみながら、数時間の透析。

 夕方、もう1回の採血。

 結果が悪いと、

 「あーちゃさん、輸血はいりまーす。」との声が。

 マラリアが赤血球を壊してしまい、血液を作れなくしてしまっているのと、腎臓で、壊れた血液が詰まってしまい

 腎不全状態。

 Hbといった数値が、4とか3とか。ちょっとベットをあげたら、もうふらふら状態。

 極度の貧血にもなっていた。

 血をもらうとでも元気になる。ドラキュラになったことはないが、これは効果抜群だと思った。

 そんな毎日は、だんだんと私の血管をぼろぼろにしていった。 

マラリア闘病記 その1 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-01-15-2 

マラリア闘病記 その2  http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-01-15-3  

マラリア闘病記 その3 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-01-15-4

マラリア闘病記 その4 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-01-18

マラリア闘病記 その5 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-01-19-1

マラリア闘病記 その6 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-01-20

マラリア闘病記 その7 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-01-21

マラリア闘病記 その8 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-01-22

マラリア闘病記 その9 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-01-23-1

マラリア闘病記 その10 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-01-24

マラリア闘病記 その11 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-01-25 

マラリア闘病記 その12 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-01-26

マラリア闘病記 その13 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-01-26-1

マラリア闘病記 その14 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-02-02

マラリア闘病記 その15 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-02-03-1

マラリア闘病記 その16 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-02-04

マラリア闘病記 その17 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-02-05 

マラリア闘病記 その18 http://20050105.blog.so-net.ne.jp/2012-02-06  


nice!(43)  コメント(7)  トラックバック(2) 

nice! 43

コメント 7

haku

えぇ~~っ! 新聞にも出たんですかぁ~!!
治ったの初めてぇ??!!!!
それはそれは、本当に良くご無事で... ^^;
by haku (2012-01-19 08:15) 

コンブ

驚きの話ですね。
海外に行く時に予防接種とかはちゃんとしないとダメですね。
by コンブ (2012-01-19 09:34) 

Hirosuke

たった一晩で感染して生死を彷徨うなら、
現地では一体どれくらいの人たちが亡くなるのでしょう。

恐ろしい病気です。

そして、温暖化の影響で、マラリア蚊は既に関西空港周辺で発見されています。

恐ろしい事態です。

by Hirosuke (2012-01-19 09:52) 

びくとる

本当に恐ろしい病気ですね。
それにしても、新聞に載ったくらいとは。^^;
by びくとる (2012-01-19 15:13) 

alo-had

友人も撮影や彷徨旅行の後、数人がなってました。
みんな生還してますが、さすがにそこまで重症にはなってませんでしたしね。
そんな状態になるなんてすごいですねー。
やっぱり怖い病気なんですね。

by alo-had (2012-01-19 15:44) 

chikumaru

あーちゃさん、すごい体験をしていたんですね。淡々と書かれていますが、辛かったことでしょうね。今まで先輩面していいたい事言ってましたがちょっと反省。健康が一番、小さな幸せを重ねてHappyになってくださいね。
by chikumaru (2012-01-20 23:55) 

あーちゃ

>hakuさん
そうなんですよお。今でもその記事もっているかも?

>コンブさん
マラリアは残念ながら、予防接種がないんですよ。みなさん、蚊に刺されないようにする注射ってないですよね。それと一緒です。ただ、刺されないように注意することはできますね。
今思うと、もっと神経質でもよかったかも。

>Hirosukeさん
おそろしい病気です。マラリアでなくなる人も多いので。。。
特に私が患ったのは脳性のマラリアだったので、最悪でしたが。
早めに処置すれば、1週間で退院できちゃうものなんですがね。

>びくとるさん
新聞には、発見が遅れて悪い例として載ってました。。
残念。っていっても、こうして、いられるからいいのかな。

>alo-hadさん
そうですね。重症になるとこうなります。
死にます。確実に。

>chikumaruさん
いやいや、そんなことないですよ。
小さな幸せ積み重ねて、今は幸せです^^
by あーちゃ (2012-01-21 22:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2