So-net無料ブログ作成

教え方 [Ski]

先日、スキーで、デモンストレータの方に教えてもらった。

2日間の短い講習だったのだけど、

とてもその教え方に感動した。

スキーが心底楽しいと思わせるような教え方だった。

今まで、教わってきた中で、生徒に対する目線、モチベーションの上げ方

プレッシャーのかけ方、リラックスのさせ方、どれもこれも

さすがというようなことばかりだった。

スキーを習うという時点で、覚えたい、うまくなりたいという気持ちは、あるかと思うが、その気持ち以上に教え方によっては、ここまで、楽しく、もっとうまくなりたいという気持ちが引き出せると言うことが、わかった。

今日スキークラブのいつも教えてくれる先生に車の中で

その話をした。

車の中ではわかっているようだった

けど、、、やっぱりわかってもらえないようだった。

午後一について、1:1の講習が始まった。

たくさん、教えたがっているようで、ちっとも私には、伝わってこない。

何をどうしたらよいかよくわからないし。ポジション確認なんて、どうでもいい感じだし。

しばらく教わった後で、ちょっと気分転換したいなっておもって、

「緩斜面で、くるくるとまわってもいいですか?」

といって、まわってみせたら、

先生が真剣になってしまって、

下を向いて、板をくるくるまわしてる・・・・・

ていうか、そういうためにいったんじゃないんだけど。

 

楽しいことが、楽しくなくなって、

楽しくやるのも楽しくなくなるし。

 

先生に注意されればされるほど、頭が混乱してくるし。

「もっと、シンプルに簡単なことだけにしてもらった方が、私にとってわかりやすいです」

といってしまいました。

そしたら、細かくいわなくなったので、ほっとした。

でもって、自分の滑りもよくなった。

不思議だね。

細かいこと色々と言われてもできないんだよねえ。

ポジション、足回り、上体、手という順番で、いかないとうまく滑れないんですよねえ。

・・・・やっぱり、先生、教え方学んだ方がいいと思うよ。

・・・・こちらも教わり方の練習をしないといけないのかなあ。

 

先生に対して、先生のよさをピックアップするとなると

この先生の場合は、まじめさかなあ。

だめ。私、このやり方だとかなり疲れちゃうなあ。スキーがまた、楽しい物では

なくなっちゃった。

こんなの続けていたら、好きな物が嫌いになりそう。

 

夕方、滑りがうまくいかなくなってきたので、休憩しましょうと

言って、しばらく休憩したの。

結構、限界だとおもって、これで、終わりたい旨をそーっと話をしたんだけど

わかんなかったみたい。

やっぱり、休憩を終えて滑ってもちっともうまく滑れない。

「疲れたので、これで、あがります。講習は、これで、終わりにしてください。

」と言ったのだけど、物足りなさそう・・

その後も色々とさっきと滑りが変わったねえ。。と言われるし。

なんかもっともっといいたそうだった。

へとへとだし、帰りたかったし、

「すみません。ほんと疲れているので、もう、何も言わないで下さい

できません。これで、帰ります」

といって、下まで、おりちゃった。

先生は、もっと滑りたいのになという気がプンプンでてきてる。

これって、おやじが、何で一緒に飲んでくれないんだといっているのと同じかも

とちょっと思ったりして。

私は休みたい。先生は、滑りたい。だったら、私は、休んでいるので、

滑ってきてもらいたいのになあ

へとへとで、うまく滑れなくて、色々言われて、滑らされるのだったら、

滑りたくないよお。

 

先生から、聞いた話

先生の奥さんがあまりスキーにいきたがらす、

「講習になっちゃうんでしょ」

といったそうだ。

理由がよくわかる。奥さんの気持ちが分かる。

先生と滑っても楽しくないんだよねえ。。。

おもしろさがないし、つらいし、遊び心がないっていうか。

だから、奥様も一緒に行かないんだろうな。

スキーの後の楽しい温泉もいかないし、うまい地元の魚を食べたりもないしね

スキーだけしかしないで、お昼しか休憩なし。

ぶっとおしで、リフト開始から、終了まで、滑るのは、疲れます。

冗談の一言もないしさ。

おかげさまで、大きくのびた顔が一気にげっそりと元以上に小顔になりました。

 

もう、教えて下さいといわないことにしよっと。

けど、小顔になるからいい?No!

 

かなりへとへとです。

 

うーー。もう、いや。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0